マインドフルネスってなに?その効果とは?

マインドフルネスと言う言葉を聞いたことはありますか?

最近ではマインドフルネスを取り扱った書籍も多くあるため、
本屋などで目にしたことのある方もいらっしゃると思います。

マインドフルネス瞑想法というワードで書かれていることもあるため、
マインドフルネス=瞑想と捉えられることが多いですが、これは半分正解です。

マインドフルネスのルーツは、仏教に基づいているものと言われています。
瞑想における効果が脳科学の分野等で研究され、宗教色が除かれて医療やビジネスに
活用されるようになりました。

海外の大企業であるGoogleやAppleでは社員研修にマインドフルネスがに取り入れられています。
マインドフルネスにはストレス低減やリラックス効果、自律神経の正調、
集中力の向上やパフォーマンスの向上などの効果があり、社員の生産性を高めるのに一役買っています。

では、マインドフルネスを実践するためには瞑想をすればよいのか?と聞かれたら、それはNoです。
マインドフルネスの本質は、「『今』に集中している状態」であることです。
この状態が作れれば、その手段は瞑想に限りません。

この説明を聞いて、
「『今』に集中と言われても、誰しもが今を生きているのだから、
なにも特別なことではないのではないか?」と思われるかも知れません。

例えば、
・今日の夕飯はなにを食べようかな?
・明日のプレゼンうまくできるかな…。
・今度の週末はアレとコレを買いに行きたい!
これらは、意識が『未来』に向かっている状態です。

同様に、
・昨日食べたパスタ美味しかったなぁ。
・先日のプレゼン、上司に沢山ダメ出しを受けてしまった…。
・先週末の買い物は掘り出し物があってラッキーだった!
これらは、意識が『過去』に向かっている状態です。

このように、普段何気なく生活している中で
意識は『未来』や『過去』に向いていることが多いのです。

このような状況は「マインドワンダリング」と呼ばれ、
ハーバード大学での研究では、人は生活している時間の半分程度が
このマインドワンダリングの状態
であると言われています。

マインドワンダリング状態だと、未来や過去のアレコレを考えてしまい、
『今』に集中ができておらず、脳が疲れてしまいます。
特に現代は巷に情報が溢れかえっており、脳が休まる時間がありません。

そこで、「マインドフルネス=『今』に集中している状態」を作り出すことで、
脳をすっきりさせることができます。

これらの効果は気分だけのものではありません。
マインドフルネスを続けることで、
脳の中の記憶や感情を司る部分が大きくなり、
不安や恐怖に反応する部分が小さくなるなど、
脳が良い変化をすることが脳科学の研究で明らかになっています。

・日々ストレスを感じている
・集中ができない、続かない
・不安や緊張を感じやすい
・考え過ぎて脳が疲れている感じがする
・イライラしやすい
このような状態に当てはまる場合には、
マインドフルネスを試してみることをおススメします。

次の記事では、深呼吸を使ったマインドフルネスの実践方法をご紹介します。
深呼吸を使ったマインドフルネスの取り組み方とポイント

<こちらの記事も併せてご覧ください>
自律神経の乱れとは?整えるためのポイント